« ひろしまドリミネーション2015 | トップページ | IF周波数 »

2015年12月17日 (木)

6JU8A

次の自作をどうしようかと悩んでいましたが、PWZさんの影響もあり真空管TRXに決定しました。

周波数は、3.5~28MでSSB+A1にしてみようかと思っています。
現在免許は4級なのでA1は必要ないのですが、いずれはA1もと思っているので組み込むことにします。

方向性としては、真空管は現在手持ちにある範囲で作る事とします。
約150本あるので、なんとかなるでしょう(楽観的すぎますねhappy01

で、最初に手がけたのは以前入手した時から気になっていた「6JU8A」です。
Dsc06453_1
この管は2極管が4個1本の管の中に入っているというものです。
これをDiを使ったDBMと同じ回路で使ってみました。

Dsc06456_1
出力部分にはFCZ-7を使っています。
入力側はトロイダルコア(謎コア)にトリファイラ10t巻きです。

定数はこれが最適ではないと思いますが、とりあえず管にさわって前に進む打ち上げ花火です。

Dsc06454_1

Dsc06455_1

とりあえずの特性ですが、HP3589Aを使って入力1Mで測定しています。
IN3.5M、LO=11.0M、IF=7.5Mです。

損失約7dB、IIP3=22dBといったところです。
しかしDi-DBMだと消費電力=0ですが、いかにP電圧は掛けていないとはいってもH電圧6.3V電流0.6Aで3W強も消費するのですから・・
とはいっても、お遊びですからノープロブレムですhappy01

« ひろしまドリミネーション2015 | トップページ | IF周波数 »

真空管TRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/63016623

この記事へのトラックバック一覧です: 6JU8A:

« ひろしまドリミネーション2015 | トップページ | IF周波数 »