« 実験用受信機③ | トップページ | 実験用受信機⑤ »

2016年2月 7日 (日)

実験用受信機④

実験用受信機をケースINする作業中です。

AVRにはATmega164P、DDSにはAD9851を使うことにして
Dsc06621_1

Dsc06624_1

これをつないで
Dsc06630_1
DDSの発振確認をしようとすると、働いてくれません。
AD9851は以前別のところで使っていて問題ないはずで、プログラムも問題ないものからのコピペなので、え~~~なんで・・・・と半日あれこれ・・

で、結局おかしかったのは
Dsc06629_1
ATmega164Pや644PなどにはJTAGという機能があってPORTC.2-C.5を普通のPORTで使う為にはここをdisabledにしなければいけません。

以前ここでつまずいてこの事は知っていました。
で、最初にフューズビットを書き換えてdisabledにしたはずでした。
しかし、なぜかEnabledに戻っていました。
これに気づかず半日パ~です。

ここをdisabledにしたところ問題なく動作するようになりました。
Copy0031

AD9851のクロックには、この前オクでゲットした
Dsc04437_1
PLXO-29A5を使ってみることにします。

« 実験用受信機③ | トップページ | 実験用受信機⑤ »

実験用受信機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実験用受信機④:

« 実験用受信機③ | トップページ | 実験用受信機⑤ »