« 実験用受信機⑦補足 | トップページ | タイヤ交換 »

2016年2月29日 (月)

実験用受信機⑧

実験用受信機でフィルタを切り替えて実験していて、AF出力が同じになるように入力を調整すると歪み率に差があることに気づきました。

Dsc06667_1
Dishal

Dsc06668_1_2
Ladder

その前にAF(LM386N-1)を確認して
Dsc06664_1
問題ないようなので、歪みの差はフィルタの差であると思われます。
そんなに大きな差ではないので、単なる測定誤差かどうか検証してみました。

SSG-Filter-SBM
の構成で検証してみました。

SBMのLOにはHP3335Aから+10dBm
Filter入力にはKSG4700Tから-20dBm~-10dBm

Dsc06679_1
Dishal

Dsc06680_1
Ladder

同じような傾向になりましたが
Dsc06677_1

Dsc06678_1
波形で見る限り見分けがつきません。
耳で聞いてみても違いはわかりませんでした。

音に関してはほぼ同等と思われます。

しかし実験を続けるうちに、実験用だからこそ受信機の性能にはこだわる必要があるのではという気持ちが強くなってきました。
もう少し性能UPを図ることにします。




« 実験用受信機⑦補足 | トップページ | タイヤ交換 »

実験用受信機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/64204753

この記事へのトラックバック一覧です: 実験用受信機⑧:

« 実験用受信機⑦補足 | トップページ | タイヤ交換 »