« 実験用受信機⑥ | トップページ | 実験用受信機⑦補足 »

2016年2月21日 (日)

実験用受信機⑦

実験用受信機ですが、少し手を入れてノイズを少なくしようとしたのですが簡単にそんなに大きく改善出来る訳も無いのですが少しは良くなったので7MHzを聞いてみました。
今日はコンディションもいいようでノイズも少なく受信出来ました。

その前に、キャリアポイントを調整してフィルタを切り替えても同じ信号が同じ周波数になるように調整しました。
Dsc06659_1
ladder_fil

Dsc06660_1
dishal_fil


聞いた感じでは、ladderの方が音が高めに聞こえます。
しかし、どちらも聞くのに問題になるような音質ではないので好みの問題になるのかなといったところです。

音質にそんなに差が出ないのなら、設計が簡単なladder_Filterの方が使いやすいのではと思います。

« 実験用受信機⑥ | トップページ | 実験用受信機⑦補足 »

実験用受信機」カテゴリの記事

コメント

周波数調整のための、信号受信だと思いますが、ちょっと気になることがあります。波形を見ただけで歪っぽいのがわかりますね。この影響もあるかもしれません。音を聞くとその傾向が伺えます。ただ、ケチをつけているわけではないことはご理解ください。

確かに周波数確認の時は、結構強い入力にしているのでかなり歪んでいます。実際の受信時にはここまで歪んではいないと思うのですが、又この歪みはAF系に起因するものだと思われるのでどちらのフィルタにも同じように作用するのであまり気にせずにやっていました。ただ、同じ信号を受信した時Dishalの方が出力の歪みは少ないようです。ここら辺は、もう少し検証してみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実験用受信機⑦:

« 実験用受信機⑥ | トップページ | 実験用受信機⑦補足 »