« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の7件の記事

2016年3月27日 (日)

桜開花

昨日、家に一番近い桜の木が開花しました。
Dsc00831_2
α7Ⅱ+NIKON ED 80-200mm F2.8

今年の桜は結構咲いていたりいなかったりで個体差があるようです。
今朝のHNKのNEWSでもそのような事をいっていたので全国的な傾向なのでしょうか。

当地では、これからしばらく気温が高い日が続きそうなのでこれからは一気に開花が進みそうです。

2016年3月21日 (月)

ポストアンプ(2SC4703)

SD8901CYのMIXの後に続くポストアンプを作ってみました。
Dsc06814_1
使ったのは、以前これもたっぷり入手していた「2SC4703」です。
これでノートンアンプを組んで並列運転にしました。

単体ではIC=35mA F=12.8MHz 20KHz離れの2信号でGAIN=9dB IIP3=+33dBmというものです。
以前の実験と同じです。

これを並列運転すると
Dsc06810_1

Dsc06813_1
70MHzくらいまでは使えそうで
GAIN=+5dB IIP3=+38dBm
(12.8MHz +5dBm 20KHz離れ2信号 HP3589Aに+20dBATT)
問題なく使えそうです。

2016年3月19日 (土)

2SC2495

MIXの強化に担ぎ出した「SD8901CY」ですが、やはりもっとLOをUPして性能を引き出してやろうと思い出しました。

そこでLOの出力UPのために
Dsc06782_1
まだたっぷりと手持ちのある「2SC2495」を使うことにします。

Dsc06792_1

Dsc06793_1
電源電圧は7.2Vで
Dsc06789_1
電流は以前のユニット+50mA程度です。
Dsc06800_1
+25dBm(HP3589Aの入力に20dBATT挿入)の出力があります。

RF入力に7.05MHz+7.06MHz 0dBmの2信号を入力してLOは19.85MHz
IF12.8MHzで
Dsc06791_1
IIP3=+37dBmになりました。


2016年3月17日 (木)

FX-8801 コテ先交換

以前交換したFX-8801のコテ先ですが
Dsc06804_1

Dsc06805_1
かなりひどい事になってきたので交換しました。
今回はほぼ3年半使ったことになります。

前回は9ヶ月でボロボロになったのが今回は3年半ももったことになります。
これは使用している半田によるところが大きいようです。
前は、詳細不明の半田を使っていたのですが粗悪品だったようです。

今使っているのは
Dsc06808_1_2
千住金属のスパークルハンダです。
ハンダはキチンとした物を使うべきのようです。

Dsc06806_1
交換部品は元より準備してあります。

Dsc06807_1
このコテ先と保護パイプはまず間違いなく溶着していますので同時交換になります。

Dsc06801_1
交換完了です。

Dsc06809_1
今使っているハンダはもう2巻きあるので当分は問題ありません。
でも、本当はハンダにも消費期限があるのでしょうがま~使えるでしょう。

2016年3月12日 (土)

みすず潮彩号

今日、かみさんと
Dsc06778_1
青春18きっぷを使って

山陰観光列車みすず潮彩 おもてなしTRAINに乗ってきました。
Dsc06779_1
この切符は2月24日に買いに行ったのですが人気が高いらしく海側の席はもう満席でした。

朝の8時半ころに家を出て、新山口から山陽本線で新下関に向かいました。
Dsc06714_1

Dsc06715_1
みすず潮彩号です。

Dsc06720_1
新下関駅を出て次は下関に止まるのですがここで最初のイベント、フクのひれ酒と白子酒の飲み比べがありますhappy01happy01

Dsc06722_1
フクを使ったカマボコのおつまみもhappy01

この白子酒を料亭などで頼むと1合で7Kとかになるとか・・
おいしくいただきましたhappy01
欲を言えばお酒がもう少しいいお酒だったらいいのですが・・

そうこうしているうちに日本海(響灘)が見えてきました。
Dsc06741_1

Dsc06736_1


今日の山陰地方は上空の寒気の影響であまり天気が良くないことが予想されていたのですが心配だった天気もかなり青空が広がり、海の色もそれに合わせて青くとてもキレイで車内では歓声が上がっていました。

この観光列車は絶景ポイントでは徐行したり止まってくれます。

その後、長門二見駅で名物の饅頭の試食があり
滝部駅で前もって予約しておいた弁当を受け取ります。
Dsc06743_1_2
自分は、長州かしわを使った焼き鳥丼です。

残念な事に、ひれ酒は残っていないしビールも売っていない・・
それでもおいしくいただきましたhappy01

Dsc06746_1
車内では、金子みすずの紙芝居も演じられました。

Dsc06750_1
又、絶景スポットで停車したのですがガイドの人が見島が見えると絶唱しています。
真ん中辺にうっすらと見えます。

切り出してみました。
Dsc06750_2
よっぽど条件が揃わないと見えないのだそうで、このガイドさんは5年ぶりに見たと言っていました。
今日、この列車に乗合わした人は非常にラッキーだそうです。
Misima
直線距離にして40Kmちょっとあるようです。

終点の仙崎駅に着くと

Dsc06758_1

「チョルル」のお出迎えが
Dsc06751_1_2
それと地元の子供たちによる太鼓の演奏による歓迎が

その後、仙崎駅で先崎名産のかまぼこの試食を楽しんで、みすず潮彩号の自由席で下関に引き返します。

Dsc06766_1

このころになると雲が多くなってきて海の色もそれを写して青色ではなくなります。

Dsc06777_1

幡生駅でみすず号を見送って山陽本線で新山口駅に帰ってきました。


2016年3月10日 (木)

SD8901CY

実験用受信機のグレードUPに着手しました。
まずは1stMIXをSD8901CYに変更します。
以前のHF-VHFTRXで実験した基板が残っていたのでそのまま使いました。
SD8901CYを使う為にはLOの出力をUPしなければいけません。

そこで、そのAMP回路をやはり以前作って実験していた基板を流用しました。
この回路は、1980年2月号のCQ誌に掲載されているJF1WPR 柳橋OMの記事内にある回路を参考しています。
TRには2SC3355を使ってMAXPO+17dBmまで出せます。
Dsc06711_1

Dsc06712_1

SD8901CYも昔のままで
Dsc06710_1

7.05MHz 0dBm 10KHz離れの2信号をRF端子に入力したところ
Dsc06709_1
IIP3=+27dBmという結果になりました。

以前の実験ではLOに+25dBmを突っ込んでIIP3+40dBm以上でしたがLOが低い分IIP3が悪化して+27dBmしかありません。

LOを強化しようとすると電源部分から作り変えとなりますので、今回はこのまま進めることにします。

2016年3月 4日 (金)

タイヤ交換

この前ロードバイクで走っていて初めてパンクを経験しました。
その場は、常時携帯している予備チューブに交換して事無きを得たのですが
パンクしたのは後ろのタイヤです。
自分が思っていた以上に早く修理出来ました(5分くらい)。

その後帰ってからタイヤをチェックすると
Dsc06687_1
パンクしたところはこんな風になっていました。
これ以外にも
Dsc06686_1

Dsc06685_1

Dsc06688_1
結構キズだらけです。

現在使っているのは
Dsc06684_1
vittoria core spun 320tpiです。
結構競技用のようで耐久性はあまりないようです。

今回交換用に準備したのは
Dsc06683_1
MICHELINのLTHION_2です。
こちらの方は、そこそこ耐久性もある練習用に適しているようです。

Dsc06690_1
早速交換したのですが、結構手こずるかと思っていたのですがあっさり交換出来ました。
ちなみにホイールは
Dsc06689_1
SHIMANO WH-R550です。

Dsc06692_1
今回交換したタイヤの適正空気圧は87-116 PSIで
Dsc06693_1
前のタイヤは 115-145 PSIです。
この空気圧からも特性の違いが判るようなきがします。

Dsc06694_1
バイクに付けてみましたが違和感はありません。

Dsc06483_1
前と比べても若干赤が強くなった程度でパッと見は変わりません。

少し試走してきましたが、空気圧が低くなった分お尻に優しい感じですhappy01

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »