« AQM0802A-RN-GBW | トップページ | 総合特性 »

2016年5月19日 (木)

AD8370 AGC③

前回の失敗をうけて2SC2348とAD8306の間に5素子のXFを入れてみました。
Dsc07010_1
帯域は少し広めで約5KHzです。

Ad8370_xf
これは受信機として動作させてRF入力に7.05MHzの信号を入力したときの
AD8306の出力をATmega168のAD変換端子で読み取ったものです。
何とか-100dBmくらいまで使えそうです。

プログラムをとりあえず、入力に対応して追随するように組んでみました。
Ad8370_agc
なんとかAGCらしい動作をしています。

実際に交信の様子を聞いてみると


とてもいい音とはいえません。
これからは、プログラムとの格闘の日々になります。

« AQM0802A-RN-GBW | トップページ | 総合特性 »

実験用受信機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/65570732

この記事へのトラックバック一覧です: AD8370 AGC③:

« AQM0802A-RN-GBW | トップページ | 総合特性 »