« 原因? | トップページ | フロントエンドAGC② »

2016年6月20日 (月)

フロントエンドAGC①

実験用受信機の製作でIF回路にAD8370を使ったのですが、このIC(データシート)は
周波数範囲:LF-750MHz(カタログ値)
GAIN:-30dB~+25dB(実測値)
NF:7dB(カタログ値)
のような物なのでフロントエンドに使っても使えそうです。

そこで、このICを使ってフロントエンドAGCの実験をしてみることにしました。
構成としては
Dsc07076_1
こんな感じになります。

入力がS9(-73dBm)を超える信号に対してAGCを掛けてS9レベルに抑えます。
これにより次のMIXやPOSTAMPに対する性能要求をかなり下げることが出来ると思います。

SD8901とか入手困難なMIXを使わなくても普通のDBMで十分対応可能になるのではと期待しています。

« 原因? | トップページ | フロントエンドAGC② »

実験用受信機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/66123680

この記事へのトラックバック一覧です: フロントエンドAGC①:

« 原因? | トップページ | フロントエンドAGC② »