« 受信音 | トップページ | フロントエンドAGC① »

2016年6月11日 (土)

原因?

実験用受信機で?な状況があり悩みまくっていました。

実験用受信機には2つのDDSを使ってLOとBFOに使っているのですが、BFO用のDDSが電源投入直後に動作しないというものです。

これが不思議な事に、書き込み機「AVRISP mkⅡ」を接続している時には動作するのです。
これまでは、ず~とつなぎっぱなしだったので気が付かずにいました。
ほぼ出来たということで外して???となったわけです。

で、あ~でもないこ~でもないとDDS(AD9851)を変えてみたりプログラムをいじってみたりしたのですが、結局原因が判らずじまいです。

最初の立ち上がりの時だけ、制御信号を2回送ることでごまかすことにしました。
Dsc07045_1

Dsc07046_1

AGCのプログラムもかなり改善できていい感じで聞けるようになりました。


LCD内の数字は
左上がAD8306の出力をAVRのAD変換で読み取ったもの
右上が初段のAD8370の制御レベル(最大255 最小1)
左下が2段目の制御レベル
右下は今回の制御には関係ありません。

2段目まで制御が及ぶような強い局にはあまり出会えず(アンテナが貧弱)強い信号を受信した時の動作はまだ未確認の部分があります。

今回のAGC回路は、最初に初段のAD8370を絞り絞りきると次段のAD8370を絞るという動作にしているのですが、一般的な全段を同時に同じだけ絞るやりかたに比べて歪みにたいしては少しアドバンテージがあるようです。

« 受信音 | トップページ | フロントエンドAGC① »

実験用受信機」カテゴリの記事

コメント

 始めまして。いつも拝見参考にさせていただいております。非常に有益な情報・データに感服しております。
 DDSですが、私も同じ経験をしました。結局分からないのですが、DDSのRESETを制御するようにしてからは、この症状は出なくなりました。やはりシリアル制御への移行が旨くいかないのではないかと思っています。的外れかもしれませんが参考になればと書き込みさせていただきました。
 今後とも宜しくお願いいたします。

JA2NKD様
コメントありがとうございます。

RESET制御の件、有益な情報ありがとうございます。
現在RESET端子はEに接続したままにしています、最初はRESET端子も制御していたのがいつのまにかEに落としたまま使うようになっています。
今度試してみます、ありがとうございます。
JA2NKD様の無線工房はいつも拝見させていただいております。
こちらこそ、いつも有益な情報や刺激をいただき感謝しています。
これからもよろしくお願いします。

最初私もRESETは制御していませんでしたが、時々動作しなくなることがあったので、1ポート消費しますが、確実性のために制御するようにしました。これで旨くいけばいいのですが、違っていたらごめんなさいです。
 LAOさんの実験データーは非常に参考になっています。自分で作ったものを比較するのに助かっています。ただ良い測定器がないので苦労しています。
 今後とも宜しくお願いいたします。

NKDさん、了解です。
ちょっとすぐには出来そうにないので、いずれかの機会に試してみます。

当方のデータが参考になっているということで嬉しく思っています。
ただ当方手持ちの測定器はすべて校正していませんのでそこのところは、おくみおきください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/65960516

この記事へのトラックバック一覧です: 原因?:

« 受信音 | トップページ | フロントエンドAGC① »