« フロントエンドAGC② | トップページ | HP3589A 修理 »

2016年6月29日 (水)

フロントエンドAGC③

その後2SC2348を使ったAMPを入れて
Dsc07090_1

Dsc07089_1

F_agc2

-85dBmくらいまで使えそうなのでOKです。

今回デバイダーには
Dsc07079_1
以前オクで50個1Kで入手した
Dsc07080_1
PSC-2-1000を使ってみました。
データシートでは400MHz TO 1000MHzとなっているのですが
Dsc07091_1
3.5MHzでも問題なく使えそうです。

MIXには
Dsc07077_1
こちらもオクで入手したJRCの基板についていた
マイクロテクシードの5MXA14-7AというものでLO+10dBmで変換損失-6dBくらいのものです。

また、同じ基板上にある
Dsc07078_1
このシールドケースはAD8306用のケースに流用しました。
こういったことがあるのでオクでのJUNK漁りが止められなくて死蔵部品が膨れ上がるのですが・・

今回使っている
Dsc06599_1
SHOWA VIBRATION METER MODEL 1607Aですが
どうやら現行機種のようです。
で、その金額が税別で615,000円! 目が点です。


« フロントエンドAGC② | トップページ | HP3589A 修理 »

実験用受信機」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
興味深く拝見しています。
フィードフォワード制御ですよね?
過去に同様なことをやったことがあるのですが、途中で挫折してしました。
参考にさせてください。

JR0VLTさん、コメントありがとうございます。
今回この実験を思いついたのは、古い無線機に付けて混変調や相互変調などを改善出来ないかと思ったからです。
しかし、現在の方式では元の無線機からVFOを取り出さねばいけないのと、IF周波数と同じXFが必要だということです。
この方式が上手くいけば、ごく普通のRFやMIXで高級無線機並みの特性が作れるのではと期待しています。
今後も実験を続けて結果をUPしますので見てやってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/66257645

この記事へのトラックバック一覧です: フロントエンドAGC③:

« フロントエンドAGC② | トップページ | HP3589A 修理 »