« 外付けリニアアンプ⑤ | トップページ | TEK2465B 修理 »

2016年10月14日 (金)

外付けリニアアンプ⑥

出力トランスがほぼ決まったところで今一度特性を確認すると
3.5M
Dsc07313_1

7M
Dsc07314_1

21M
Dsc07316_1

24M
Dsc07318_1_2

28M
Dsc07320_1

50M
Dsc07325_1

低い方(3.5M、7M)がひどいことになっています。

原因を追究した結果
MI308に流す電流が少なかったことが原因でした。
Dsc07332_1
1本当たり25mAほど流した時の3.5M用LPFの特性です。
LowPowerだと問題ないのですがHighPowerだとダメなようで
1本当たり70mAほど流すと
Dsc07339_1
問題なくなりました。

« 外付けリニアアンプ⑤ | トップページ | TEK2465B 修理 »

ポータブルTRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/67951613

この記事へのトラックバック一覧です: 外付けリニアアンプ⑥:

« 外付けリニアアンプ⑤ | トップページ | TEK2465B 修理 »