« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の3件の記事

2016年11月26日 (土)

IRF510 POAMP

ポータブル機に外付けするPOAMPをRD06HVF1で作っていたのですが
3.5-50Mまでまかなうには少し厳しいので3.5-7と21-50の2つに分けることにします。

そっこで3.5-7M用として以前入手していたIRF510を活用することにしました。
ケースには以前UHF-TRXに活用したJRCの物と思われるアルミBOXを活用します。

まずは
Dsc07389_1
基盤をいつものように人間CNCでパターンカットします。

IRF510はFINがドレインにつなっがているので
Dsc07390_1

Dsc07391_1
このような加工を施しました。

Dsc07422_1

Dsc07423_1
一気に組み立てました。

回路的にはRD06HVF1と一緒で、コアは謎コア5個x2です。

Dsc07401_1
ほぼ20dBのゲインです。

Inout
+42dBm出力までリニアです。
これ以上伸びているとは思うのですが、使っている電源PW18-3ADが3Aまでで+42dBm以上では3Aを超えるため追及していません。

Dsc07421_1
10W出力時のIM3の様子です。

この時の電流は
Dsc07424_1
18Vで2.0Aです
36W入力で出力10Wですから効率は28%とう~んです。

しかもこの時のアイドル電流
Dsc07419_1
1本あたり約0.5Aで

これくらい流さないとリニア動作してくれません。

Dsc07417_1
1本あたり0,2Aくらいだと
Dsc07410_1
こういう特性になるのですが、リニア動作してくれません。

とりあえずは使えそうです。

2016年11月19日 (土)

TEK2465B 修理②

2465Bの修理用に2445Bをオクでゲットしました。

電源確認のみという事でそれなりのお値段だったのですが
Dsc07384_1

やって来た物はどうも動作に問題ないようです。
Dsc07385_1

Dsc07388_1

Dsc07386_1

Dsc07387_1

リードアウト機能も問題ありません。

この2445Bのディジタル基盤は
Dsc07383_1
2465Bとは違うものでした。
左から2445、2445B、2465B

以前WEBで写真を見た時は同じ基盤だったと思ったのですが
元々違うタイプが存在するのか、あるいはWEBの写真が2445Bとありながら実際は2465Bの写真が載っていたのか良く判りません。

こうなったら2465Bの修理は一旦お預けにして、この2445Bを使うことにしました。
2445、2465Bは当面部品取り修理用品として保管することにします。

U400等のカスタムICはどれもOKのようです。
2セットBACKUPが出来たのでかなり安心です。

2016年11月 7日 (月)

TEK2465B 修理

TEK2465Bが又おかしくなりました。
Dsc07344_1
電源ONのSELF TESTでこういう状態でSTOPします。

サービスマニュアルで確認したところ
2465_4

2465_2
READOUT RAM(U2920 TC5565AFL-15L)を交換しなさいとあります。

不具合が出ているのはREAD OUT機能だけで波形観測機能はまともに働いています。
そこで「TC5565AFL-15L」を販売しているところを探したのですが見つかりませんでした。
28DIPTYPEはヤフオクで400円であったのですが28SOPにつけれません。
DIP→SSOP変換基盤というのもあったのですが5K円と目の玉が飛び出る価格です。

SSOP→DIPの変換基盤は山のようにあるのですが逆は難しいです。

そこであちこちあたってみたのですが、あるところが2000円+送料+税で取り寄せますとの返事があったので注文しました。
Dsc07359_1
どこから仕入れたかバレバレですね(笑)。

こんな大きな箱で来たのですが
Dsc07360_1

中は
Dsc07361_1

Dsc07363_1
これ一個です。

早速交換してみました。
Dsc07364_1
今付いているのを外さなければいけないのですが、16Pinくらいまでなら半田ごて両手持ちでなんとかなるのですが、28Pinともなるとそうはいきません。

あれこれ考えて
Dsc07365_1
まず少し半田をもって
Dsc07366_1
少し太い銅線を両側につけます。
そうして両手に半田ごてを持って両方を熱しってやると
Dsc07367_1
上手く取れました。

Dsc07368_1
来た物を半田づけして

電源投入です。
Dsc07369_1
お~、見事復活です!。

しかし(涙)。
電源を落として再投入すると、最初と同じになってしまいました。

とりあえずはREADOUT機能が使えないだけでオシロ自体の機能は問題ないので、使うことは出来るのですが次のチャレンジをしてみます。


« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »