« 外付けリニアアンプ⑥ | トップページ | TEK2465B 修理② »

2016年11月 7日 (月)

TEK2465B 修理

TEK2465Bが又おかしくなりました。
Dsc07344_1
電源ONのSELF TESTでこういう状態でSTOPします。

サービスマニュアルで確認したところ
2465_4

2465_2
READOUT RAM(U2920 TC5565AFL-15L)を交換しなさいとあります。

不具合が出ているのはREAD OUT機能だけで波形観測機能はまともに働いています。
そこで「TC5565AFL-15L」を販売しているところを探したのですが見つかりませんでした。
28DIPTYPEはヤフオクで400円であったのですが28SOPにつけれません。
DIP→SSOP変換基盤というのもあったのですが5K円と目の玉が飛び出る価格です。

SSOP→DIPの変換基盤は山のようにあるのですが逆は難しいです。

そこであちこちあたってみたのですが、あるところが2000円+送料+税で取り寄せますとの返事があったので注文しました。
Dsc07359_1
どこから仕入れたかバレバレですね(笑)。

こんな大きな箱で来たのですが
Dsc07360_1

中は
Dsc07361_1

Dsc07363_1
これ一個です。

早速交換してみました。
Dsc07364_1
今付いているのを外さなければいけないのですが、16Pinくらいまでなら半田ごて両手持ちでなんとかなるのですが、28Pinともなるとそうはいきません。

あれこれ考えて
Dsc07365_1
まず少し半田をもって
Dsc07366_1
少し太い銅線を両側につけます。
そうして両手に半田ごてを持って両方を熱しってやると
Dsc07367_1
上手く取れました。

Dsc07368_1
来た物を半田づけして

電源投入です。
Dsc07369_1
お~、見事復活です!。

しかし(涙)。
電源を落として再投入すると、最初と同じになってしまいました。

とりあえずはREADOUT機能が使えないだけでオシロ自体の機能は問題ないので、使うことは出来るのですが次のチャレンジをしてみます。


« 外付けリニアアンプ⑥ | トップページ | TEK2465B 修理② »

測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/68301553

この記事へのトラックバック一覧です: TEK2465B 修理:

« 外付けリニアアンプ⑥ | トップページ | TEK2465B 修理② »