« 道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト | トップページ | 2SC2033 50M 144M »

2017年3月 8日 (水)

RD06HHF1②

結局RD06HHF1を使ったPOAMPは21-28MまでのBAND用とすることにしました。

Dsc07540_1

Ext_poamp_2
使っているメガネコアは両方とも#43材です。

21-28MまでとすることでLPFを30MHzの4段構成くらいにすると1個で済みそうです。
Dsc07536_1
4段のLPFの特性です。

以降の測定にはSAの入力にATT(MS8609A:20dB HP3589A:10dB)挿入
POAMP出力からは20dBカップラを使って入力しています。

21M
Dsc07539_1

21m

24M
Dsc07537_1

24m

28M
Dsc07538_1

28m

次は50M単体です。

« 道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト | トップページ | 2SC2033 50M 144M »

POAMP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/69854335

この記事へのトラックバック一覧です: RD06HHF1②:

« 道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト | トップページ | 2SC2033 50M 144M »