« POAMP 2SC2033④ | トップページ

2017年6月28日 (水)

144MHzPOAMP 停滞

ことの発端は
Dsc07845_1
このスプリアス規則

以前144MHzのスプリアス記事でクリアしたのは1Wまでで、これを10Wまで
持ち上げるとOUTになります。

以前の対策で入れたATTをもう少し大きくしてuPC3219GVで補おうとすると
Dsc07822_1
変なスプリアスが

GAINを少し落としてみると
Dsc07823_1
消えてなくなります、uPC3219GVが原因なんですがデータシートでは100MHzまでと
ありますので規格外使用が原因かなと
ちなみに75MHz近辺にあるスプリアスも

Dsc07821_1
入力はこういうものなので規格外使用によるもののようです。

そこで以前入手していたAD8367を使ってみました。
Dsc07841_1

Vagc=0
Dsc07826_1

少しずつAagcを上げていくと
Dsc07829_1

Dsc07831_1

Dsc07832_1

Dsc07833_1

Dsc07834_1

Dsc07835_1
GAIN=25dBを超えるあたりから動作が不安定になってきました。

Dsc07840_1

Dsc07837_1
ここらあたりが限界のようです、きっちりとした作りをすればいいのでしょうが+20dB
あれば問題ないのでこのまま使ってみます。

しかし
Dsc07851_1
なんだこれはです。(SA入力に20dBATT OUT=1W)

少しGAINを落とすとここまでひどくはないのですが10W出力は出ません。
負の連鎖に、なかなか立ち上がれません。



« POAMP 2SC2033④ | トップページ

POAMP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/70989397

この記事へのトラックバック一覧です: 144MHzPOAMP 停滞:

« POAMP 2SC2033④ | トップページ