« MD8470A⑭ 液晶モニター交換 | トップページ | 455KHzIFTボビン使用BPF »

2017年11月26日 (日)

コイル巻き

MD8470Aに組み込んだUSBドングル「DVB-T+DAB+FM」をHF用のモニター受信機として
使うためにミキサーを作らなければいけません。

少しゲインも欲しいのでRFAMP-MIXとするのですが、RFAMPの前にBPFが必要になります。
以前使ったチェビシェフ 直列同調形フィルタを使うことにします。

キレはそんなに必要ないので2段構成としました。
ここで問題となるのがコイルです。
以前は10Kタイプのボビンを使ったのですが、結構残りも少なくなってきて心細くなってきました。

そこで以前オクでゲットしていた謎ボビンです。
Dsc01533_1
詳細不明で1Kちょっとだったと記憶しています。
約100個あるので1個10円といったところです。

どういうものか調べてみると
Dsc01536_1

Dsc01550_1
これをもとに計算してみると455KHzのIFTトランスのようです。

Dsc01539_1
分解して、とりあえず30回巻いてみます。
Dsc01540_11
測ってみると
Dsc01541_1

コアを被せてケースに入れて
Dsc01542_1
最大
Dsc01543_1
最小

これを使って3.5MHz用のBPFを作ってみました。
Dsc01549_1

35bpf_1
10Kタイプのボビンを使った時とほぼ同じです。
どうやら使えそうです。


   

« MD8470A⑭ 液晶モニター交換 | トップページ | 455KHzIFTボビン使用BPF »

MD8470A改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コイル巻き:

« MD8470A⑭ 液晶モニター交換 | トップページ | 455KHzIFTボビン使用BPF »