« 455KHzIFTボビン使用BPF | トップページ | 不審メール »

2017年12月 7日 (木)

SD8901 MIX①

USBドングル用のコンバーターを作っているのですが、MIXにはSD8901を使います。
この用途にはオーバースペックなのですが、将来の事を見据えて使います。

SD8901用のLOとしては+25dBmくらいは欲しいものです。
現状DDSの出力は-5dBm程度なので30dB程増幅することになります。

とりあえず120MHzあたりのLPFでDDSのエリアシング・イメージ
Copy0001

LPFを使って
Dsc01619_1

Dsc01606_1
を除去します。

ここで使っているコアは
Dsc01620_1
以前オクで1000個1K円(送料込み)で入手したもので
大きさが
Dsc01621_1
T30とほぼ同じです。

Dsc01603_1
6T巻いたときで、T25-10とほぼ同一で
Dsc01604_1
同程度の空芯コイルと比べてみてQも遜色ありません。

LPFを通った後は、2SC4703を使った9dBのノートンAMPで増幅します。
Dsc01602_1

その後は
Dsc01616_1
お馴染みのRD06HVF1です

LPF-2SC4703-RD06VHF1
Dsc01611_1    
-40dBm入力時

DDS出力電力-5dBm入力時
Dsc01614_1
100MHzまでは+25dBm出力あります。
Dsc01618_1

« 455KHzIFTボビン使用BPF | トップページ | 不審メール »

MD8470A改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/72400133

この記事へのトラックバック一覧です: SD8901 MIX①:

« 455KHzIFTボビン使用BPF | トップページ | 不審メール »