« APB-3⑤ | トップページ | RFTTG Upgraid »

2018年1月23日 (火)

HP8561E 入力キー清掃

HP8561Eの入力キーのうち 0、・、BK、1、2、3、↑、↓、のキー入力が上手く出来ません。
何回か押していると入力出来る時もありますがかなり労力を要します。

いつかは掃除しなくてはと思いながら手つかずでした。
今日思い立って始めました。
Dsc01800_1

サービスマニュアルを読みながら
Dsc01801_1

入力とATTを繋ぐケーブルをとります。
Dsc01802_1

Dsc01803_1
1stLOのケーブルも外し、VOLUMEやCAL OUTPUT、REのツマミ等も外していきます。
Dsc01804_1
ATTの横にあるネジも外して、ケース横の3本のネジも外して
Dsc01805_1
御開帳です。
Dsc01806_1
問題の部分です。

Dsc01807_1
ホコリまみれです。

Dsc01808_1
パターン部分を見ると汚れが付着しています。

Dsc01809_1
こちらもかなり汚れています。

Dsc01810_1
綿棒にアルコールを含ませて拭くとかなり汚れています。

Dsc01811_1
パターン部分も綿棒にアルコールを含ませて拭くと黒くなります。

Dsc01812_1
下の綿棒がキー入力の悪いところを拭いたもので、上は問題ないところを拭いたものです。
こうやってみるとキー入力の悪かったところの汚れがひどかったことが判ります。

Dsc01813_1
こちらも掃除して

逆手順で組み立てます。
Dsc01814_1
通電確認で問題無い事を確かめます。

悪かったキーもスイスイ入力出来ます。
完全復活です。

Dsc01818_1
信号を入れて最終確認で、問題ないようです。

« APB-3⑤ | トップページ | RFTTG Upgraid »

測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HP8561E 入力キー清掃:

« APB-3⑤ | トップページ | RFTTG Upgraid »