« RFTTG upgraid⑤ | トップページ | BNC変換アダプタ »

2018年2月17日 (土)

SSD導入

事の発端は「よもやま話」で清水さんがPCが壊れたという書き込みがあったころ
自分のPCも何か苦し気な音がするようになった事です。

これはヤバイなということでPCを更新しようかとも思ったのですが、今のPCに特段の
不満もなくスペック的にもまだまだ使えそうなので、HDだけ交換しようかと思いました。

清水さんがNEWPCにはSSDを導入されて早いという話だったので、こっちもSSD導入に
心が傾きました。

早速
Dsc01890_1
ポチってしまいました。
Dsc01891_1
intelのSSD545s 256GBのやつです、安かったのと5年保証がついているので決めました。
Dsc01901_1
とりあえず2台あるHDのうちE:のやつを外してSSDを取り付けて
Dsc01902_1
当然認識しません。
Dsc01903_1  
コンピュータの管理から
Dsc01904_1

Dsc01905_1

Dsc01906_1

Dsc01907_1

Dsc01908_1

Dsc01909_1
無事認識出来ました。

コピーソフトはFREEで評判のよい
Dsc01910_1
tb_free.exeを使います。
Dsc01912_1

Dsc01914_1

Dsc01915_1
データをコピーします。
Dsc01916_1

Dsc01917_1
順調にコピーが進んでいくのですが
Dsc01918_1
残り時間がなかなか減りません。
Dsc01919_1
え~と思っていると
Dsc01920_1
突然終わりました。

Dsc01935_1
3.5インチへの変換マウントも入手していざ交換です。
Dsc01936_1
この変換マウントレビューでネジが2本しか止められないという情報でしたが
そのとおりズレています。
Dsc01939_1
ヤスリで削って
Dsc01940_1
4本止められました。
Dsc01943_1
HDを取り付ける空き部分に穴を開けて
Dsc01944_1

Dsc01945_1

Dsc01947_1
無事認識して立ち上がりました。
Dsc01952_1
その後今まで使っていたHDを繋いで
Dsc01949_1
すべて認識してくれました。
このままでは、今までのC:がD:にD:がE:にE:がF:になっていろいろなパスが使えなくなります。
Dsc01950_1
そこでHDの名前の変更をして
Dsc01951_1
D:→H:
E:→D:
に変更してこれまで通りのパスで使えるようになりました。

SSDは噂通りの速さです。
元々のC:もH:として残っているので何か安心です。


« RFTTG upgraid⑤ | トップページ | BNC変換アダプタ »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/72938090

この記事へのトラックバック一覧です: SSD導入:

« RFTTG upgraid⑤ | トップページ | BNC変換アダプタ »