« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の2件の記事

2018年3月15日 (木)

JR三江線 惜別乗車

出身地の三次と島根県の江津を結ぶJR三江線が3月末に廃止になるので惜別乗車してきました。
最初は三江北線と三江南線に分かれていて、自分が3歳のころ三江南線が式敷まで営業開始しています。
その後1963年に口羽まで延伸しています。
この頃は11歳くらいで、何度か乗ったことがある思い出があります。
その後1975年に全線開通したのですが、全く縁なしでした。

2016年9月30日に2018年4月1日で廃止申請が出され廃線となることが決定しました。
昨年の3月にも青春18切符を利用して乗りにいったのですが、日曜日に行ったこともあり
又当時は1両だったこともあり三次駅を出る時には身動きできないほどの混雑でひどい目にあいました。

そこで今年は土日を外せば3両編成になっていることだし、大丈夫だろうと12日に乗りにいきました。

Dsc01998_1
今年も「青春18切符」のお世話になります。

今回の日程は、11日に浜田のかみさんの実家に泊まって江津発の1番で三次に行き、その折り返しで江津に帰ってくる往復旅です。

Dsc08261_1
浜田駅を5:20発の一番で江津に向かいます。

Dsc08263_1
その浜田駅のホームには、なにやらあやしい3両編成が回送列車となっています。
どうもこの車両が江津からの三江線始発のようです。
あっさりここから乗せてくれよと思いながら見送り、江津に着くと車内には結構な人が・・
なんとかBOX席にかみさんと並んで座ったのですが、進行方向右側の進行方向に背中を向ける座席でした。

江津から乗る場合江の川は進行方向左手で右側は山の斜面ばかり見ている感じです。
江津を出発する時点で立っている人はいませんでしたが(他の車両は判らない)ほぼ満席です。
途中で少し入れ替わりはありますが(宇都井駅とか)三次駅に着くころには立っている人で
通路は一杯の感じになっていました。

Dsc08268_1
三次駅では一旦全部降ろされて車内清掃とかやるみたいで、降りたのですが早くも大行列です。
Dsc08269_1
まさか平日の月曜日にこれだけ混むとは予想していませんでした。

Dsc08271_1

Dsc08270_1
三次駅も暫く見ないうちにすっかり綺麗になっていました。

Dsc08277_1
バス乗り場には、備北交通のバスが止まっていました。
何か地元のバスを見ると地元に帰って来たのだと実感します。

その後折り返しの
Dsc08281_1
石見川本行に乗り込みます。
Dsc08280_1
足元には乗車口案内が貼ってあり、駅員さんも数名おり警備員もいるものものしさです。

ロングシートに何とか座れたのですが立っている方も沢山いてかなりひどい混雑ぶりです。
岩見川本では又全員降ろされて、次の江津行発まで休憩です。
Dsc08284_1
昨年来た時は近くの公園に行って花見をしながら弁当を食べたのですが(店が開いていなかった)今回は多くの店が開店していましたので昼飯にはありつけました。
Dsc08288_1

その後のんびりして駅に行くとホームは人で動けないほどの混雑です。
結局江津までは立っていました。

結局のんびりと惜別とはいきませんでした。
平日でこの状況ですから、月末が近づくとどうなることかと思ってしまいます。
最後の1週間はちょうど桜も咲きそうですし、潮駅あたりは大混雑しそうです。

2018年3月 2日 (金)

AD8362

RFTTGのレベル検出に取り合えずDiを使っていましたが、周波数偏差が大きいので
プログラムでの補正作業が大掛かりになって効率が悪くなってきました。
そこで、以前アナデバさんでサンプルをもらっていた
Dsc01973_1
AD8362を使ってみることにします。

最初は
Ad8362_1
こちらの回路で
Dsc01975_1
やってみたところ
Ad8362_3
ありゃりゃです。

そこで
Ad8362_2
作動入力にしてみました。
Dsc01979_1

使ったコアは秋月で入手したフェライトビーズで2:8で巻いてみました。
Ad8362_4
100M以上で徐々に落ちていきますがこの程度でしたらソフトで簡単に補正出来そうです。

100MHzでの入出力特性は
Ad8362_4_2
今回は出力10dBmを考えていますのでコンバイナを通る前のAMP出力は16dBm
そこから20dBのカップラを通してAD8362で検出するので-4dBmとなり
0~-10dBm程度が主に使う範囲となりAVRのAD入力の上限2.5Vに近くなるので
少し落として使うことにします。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »