« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年5月の4件の記事

2018年5月26日 (土)

パワーメーター④

性能確認です。

Dsc02291_1

HP8657Bから自作AMPを通して、IWATSUのB-50D3に入れて2つに分けて
一つを20dBのATTを通して

Dsc02282_1

ML4803Aに入れます。
もう片方を作ったパワーメーターに入れて

Dsc02294_1

Dsc02295_1

まず10MHzで確認、その後20MHzにしてレベルを0dBmにして

Dsc02296_1

Dsc02297_1

その後10MHzステップで周波数を上げて誤差をグラフ化

Gosa

150MHz以上は50MHzステップで

Gosa_1_2

350MHz以上での急激な落ち込みの原因は不明です。
300MHzまでは使えそうです。

Dsc08321_1

最後に+45dBmまで確認して終了です。


2018年5月24日 (木)

パワーメーター③

入力された電力はどこかで消費させることになります。
今回は

Dsc02342_1

ヤフオクで入手したこれを使ってみました。

Dsc02343_1

適当な放熱器に付けてみました。
20Wくらいまでしか使わないので問題ないと思います。

Dsc08304_1

AVRには「ATmega88」を使いました。

7segLEDは最初はダイナミック点灯をさいようして、AVRをもう1個使って
Shiftin・Shiftout命令を使ってデータを送って点灯のみに使うようにしていました。

しかし、レベルが0dBm以下になるとAD変換の読み値がバタつく症状が出て
いろいろ原因を探ったところ7segにデータを送るのを止めると症状が出ないことに気づきました。

結局、ハード面が悪いのかソフフト面が悪いのか切り分けが出来ず7segをスタティック点灯
にすることにしたのですが

手持ちには4511はあれど7segはアノードコモンしか無い
74HC373があったのでダメもとでやってみたけどやはりダメで
結局秋月から

Dsc02274_1

カソードコモンの7segLEDを購入しました。

4511を使って

Dsc02275_1

Dsc02276_1

Dsc02277_1

エンヤコラと1日がかりで配線して無事解決しました。

2018年5月23日 (水)

パワーメーター②

最初はAD8307のデータシートに載っている
Ad8307_1_2
この回路をそっくりマネてみました。
しかし、データシートに書いてある
Ad8307_2_2
記述のように低い周波数で計測誤差が大きくなります。
30MHzから下ではダメです。
そこで基本接続
Ad8307_3_2
Dsc02278_1_2
を利用してシールドケースに入れます。
その前に
Dsc02280_1_2
20dBのカップラと20dBのATTを入れて-40dB下げます。
これで-30dBm~+45dBmまでが計測範囲になります。

2018年5月22日 (火)

パワーメーター

パワーメーターはML4803Aを所有しているのですが、センサーがMA4701Aしか持って
いないので-30dBm~+20dBmまでしか測れません。
パワーアンプ(10W以上)を測るにはカップラを使うかATTを入れるかしないといけません。
それでもいいのですが、何かの間違いでセンサーを焼いてしまう恐れは残ります。
センサーは高価なので避けたいところです。
そこでAD8307を使ったパワーメーターを作ることにします。
AD8307を使ったパワーメーター以前作ったものがあるのですが、最大+10dBmまでです。
今回作ったものです。
Dsc08305_1_2
レベル範囲は -30dBm~+45dBmまでです。
これまた以前作ったAMPで最高出力を出して
Dsc08306_1_2
+34dBmを計測したところです。
メーターはdBm単位にしています、W単位だと目盛りが作りづらいのでこうしました。
このメーターは調整時にピークが判ればいいのです。
7segLEDはW表示です。
その下のLCDには、dBm、W、dBu、Vの4種類を表示するようにしました。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »