« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月の9件の記事

2018年8月31日 (金)

プリント基板

いつも使っている実験用のプリント基板が残り少なくなってきました。
そんな中、オクで切れ端材が大量に出品されていました。
いろいろ出品されている中で細目というのがありました。
これだとあんまり人気にならないだろうと少し奮発して入れておいたら天井ギリギリで
なんとか落ちていました。

Dsc08603_1

Dsc08604_1

今日届きました、全部で12Kg。

Dsc08605_1

Dsc08610_1
細いものは4Cm

Dsc08608_1
広いもので13Cm

Dsc08616_1
長いものは50Cm強

自分の自作パターンは親基盤の上に子基盤を乗せる方法なので、こういう細い基板
がちょうどいいのです。

これで生きている間は不自由しなくて済みそうです。

2018年8月16日 (木)

真空管ソケット②

真空管ソケット第二弾です。
今回は

Dsc08574_1

Dsc08575_1

Dsc08576_1

ACコードの切れ端を

Dsc08577_1

Dsc08578_1

Dsc08579_1

中の銅線を1本抜いて

Dsc08582_1

Dsc08583_1

真空管のPINに数回巻き付けて端をハンダ付けして固定します。
この時不安定になるので

Dsc08580_1

ホームセンターで水道管パーツのこんな物を(108円)

Dsc08581_1

使って安定させます。

Dsc08585_1

全部取り付けた状態です。
今回使った真空管は6EH7です。

Dsc08589_1

使っているトロイダルコアはT-50-2で巻けるだけ巻いたら50T巻けました。
これに2TのリングをつけてC=30pで実験したところ

Dsc08588_1

6.5MHz付近で37dBのゲインが確認出来ました。
プレート側のLにはQダンプ抵抗18Kを付けています。

この方法でもHF帯までなら問題なく使えそうです。




2018年8月11日 (土)

真空管ソケット

真空管を使う場合に必要になるのがソケットです。

最近は入手難でオクでも手に入りますが安いのでも1個100円くらいします。
そこでなんとかお安く簡単に作れないかとやってみました。
まずは銅線を

Dsc08551_1

バネ状にして、真空管の足に

Dsc08553_1

取り付けます。それを

Dsc08552_1

Dsc08554_1

プリント基板にハンダ付けします。

取り合えず昔入手していた455KHzのIFTと思われる物を使って

Dsc01533_1

Dsc08573_1

ごく普通の増幅回路を組んでみました。

Dsc08572_1

約25dBのGAINがあります。
TR用の物を真空管に流用したのでマッチングは取れていないと思われるので
しかたないのですが、取り合えず使えそうです。

どの程度高い周波数で使えるかですが・・

2018年8月 9日 (木)

電子負荷装置③

動作状況
1mA

Dsc08567_1

Dsc08568_1

5mA

Dsc08569_1

Dsc08570_1

157mA

Dsc08454_1

Dsc08455_1

457mA

Dsc08458_1

Dsc08459_1

1A

Dsc08460_1

Dsc08461_1

2A

Dsc08462_1

Dsc08463_1

3A

Dsc08465_1

Dsc08466_1

4A

Dsc08561_1

Dsc08562_1

5A

Dsc08566_1

Dsc08565_1

これからは、設定やプログラムの計算常数の見直しなどで精度を向上する予定です。



2018年8月 8日 (水)

電子負荷装置②

回路図です。

Eroad_1

電源には、12V500mAのACアダプターを使っています。
12Vといっても実際には15V出ていますので12Vの三端子Regで12Vを作っています。

Dsc08448_1

その他に、5VとNE555を使って‐5Vを作っています。

Dsc08449_1

FETには2SK1122を2個並列にしています。
比較電圧を検出するための抵抗は0.5Aレンジ用として2.2Ω、5Aレンジ用として
0.5Ωの抵抗を2個並列にして0.25Ωとして切り替えるリレーとして
パワーメーターの時に使ったHP59306Aに使ってあった

Dsc08329_1

Dsc08549_1

Dsc08550_1

容量も十分なので使いました。

Dsc08557_1


温度センサーLM60を使って放熱器の温度が65度を超えるとシャットダウンするように
しています。
補助放熱器を付けて少しでも放熱の助けになるようにしています。

Dsc08556_1

放熱を確実にするために、MD8470Aに付いていた「San Ace 92」というFANを付けました。

2018年8月 7日 (火)

電子負荷装置①

これまで使ってきた電子負荷装置

Dsc08470_1

Dsc08471_1

不満点として
・目盛が大雑把
・放熱器が小さいので大きな電流は長時間流せない。
・微小な電流が設定できない。

もう少しまともな物が欲しくなり作ることにします。

Dsc08472_1

電子負荷装置の原理はWEB上に詳しく解説されているところがあるので
そちらを見ていただくとして

設計目標として 
+30V 5A 150Wで1分間は耐えること
1mA単位で負荷電流を設定出来る
とします。

考え方としては、AVRを使ってDA変換してVrefを作って制御する方法です。
DA変換は専用のICを使ってもいいのですが手持ちがないのでR-2Rラダー
方式で作ります。

使うAVRはATmega164としてCポートを全部使ってDA変換をすると8bitで256が
作れることになります。

これでは少し足りないのでもう1ポートたして9bitで512にします。
この内の500を使うとフルスケール500mAで1mA単位で設定出来る計算になります。
5Aスケールにすると最小設定単位は10mAになります。

2018年8月 6日 (月)

屋久島③

3日目は今回の主目的である、縄文杉です。

T12_2

宿を出る4:30頃には台風は屋久島の南の海上を東進しています。
この時点では雨は降っていません。

4:40のバスで屋久島自然館に向かいます。
10分程でついたのですが、もうすでに沢山の方が並んでいらっしゃいます。
1便の5;00発のバスには乗れずに2便の5;20発のバスになりました。
乗車時間35分でトレッキング出発点の荒川登山口に到着です。
ここでトレッキングの準備中に雨がポツポツと降ってきました。
しかたなくレインウエアを着装して出発です。

Ccf20180806_1

これから8Km程トロッコ軌道を歩きます。

Img_0964_1

このような道が延々と続きます。
周りの景色はほとんど変わりなく、結構長く感じました。

Img_0933_1

Img_0941_1

トロッコ道の終わりからは険しい上りが続きます。

Img_0940_1

Img_0942_1_2

ウイルソン株に到着です。
このウイルソン株は中に入って上を見上げた時に空間がハート型に見えることで有名です。

Img_0944_1

う~ん、ハート型に見えない・・

Img_0947_1

ある位置から見ると「ハート」です。

Img_0951_1

大王杉

Img_0952_1

夫婦杉
雄杉から伸びた枝が女杉の幹を貫いています。

Img_0954_1

Img_0956_1

Img_0961_1

ついに縄文杉につきました。

トロッコ道が終わったあたりから雨が強くなりだして縄文杉でもかなりの雨脚です。
縄文杉での滞在もそこそこに下山に入りました。

トロッコ道の8Kmを2時間切りで走破して4:30には宿に帰って汗を流して美味しいビール
をいただきました。

最終日の高速船の運行が心配でしたが、無事運行されて予定通り3泊4日で終了しました。




2018年8月 5日 (日)

屋久島②

T12_2

台風12号は、この日(30日)には屋久島の東の海上に来る予報でした。
そうなると南からの湿った空気の流入により雨になると予想
次の日は種子島の東海上に移動しそうなので30日よりは31日のほうが雨が少ない
と予想して日程を逆にすることにして30日にレンタカーで屋久島観光することにしました。

しかし、結果としてこの判断は間違いとなりました。
後でこの日に縄文杉に行った人に聞くとほとんど雨には遭わなかったとか・・

宿泊している安房の宿から左回りに屋久島を1週します。

Dsc08517_1

朝からず~とこんな天気で時々小雨が降る天気です。

Dsc08518_1

Dsc08521_1

Dsc08523_1

屋久島には、人1万に対して猿2万鹿4万いるとか・・
屋久島に西側は手つかずの自然が残っていて結構見ました。
車が近づいても逃げません。

Dsc08526_1

まずは、大川の滝(おおこのたき)
すごい迫力です。

Dsc08529_1

Dsc08532_1

次は

Dsc08536_1

千尋の滝(せんぴろのたき)

人が手を広げた時の幅を尋というそうで、左側の一枚岩の幅が千尋ぐらいあるからとか

Dsc08542_1

Dsc08543_1

Dsc08545_1

結局1日中こんな天気でした。

2018年8月 3日 (金)

屋久島①

7月29日~8月1日にかけて屋久島に縄文杉を見に行ってきました。
しかし、台風12号にストーカーされて最悪の旅になりました。

T12_2

台風12号の経路図です(気象庁のHPより)

Dsc08548_1

今回の予定です。
25日に台風が発生したのですが、九州南部に来ることはないであろうという予測でした。

その後どんどん状況が悪化して台風にストーカーされるという最悪の事態に

しかし、どうにかなるだろうと29日の朝4時に車で鹿児島に向けて出発しました
予定よりかなり早く着いたので、予定を変更して1便早い便で屋久島に渡ることにしました。

船の中で同行者と相談して、着いたらレンタカーを借りて行けるところは行こうということにしました。

Img_0927_1

道中は波も高くなく揺れもなく無事屋久島到着です。
船の中からレンタカーを頼んでおいたのですぐに白谷雲水狭に向かいました。

Dsc08512_1

時間的に往復2時間程度しかないので、13番あたりまでを往復することにしました。

Dsc08476_1

Dsc08478_1

この程度の杉はあちこちにあります。

Dsc08479_1

Dsc08481_1

Dsc08509_1

Dsc08511_1

滝もあちこちに

Dsc08502_1

Dsc08500_1

Dsc08501_1

雨には遭わずに無事1日目終了です。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »