« 真空管ソケット | トップページ | プリント基板 »

2018年8月16日 (木)

真空管ソケット②

真空管ソケット第二弾です。
今回は

Dsc08574_1

Dsc08575_1

Dsc08576_1

ACコードの切れ端を

Dsc08577_1

Dsc08578_1

Dsc08579_1

中の銅線を1本抜いて

Dsc08582_1

Dsc08583_1

真空管のPINに数回巻き付けて端をハンダ付けして固定します。
この時不安定になるので

Dsc08580_1

ホームセンターで水道管パーツのこんな物を(108円)

Dsc08581_1

使って安定させます。

Dsc08585_1

全部取り付けた状態です。
今回使った真空管は6EH7です。

Dsc08589_1

使っているトロイダルコアはT-50-2で巻けるだけ巻いたら50T巻けました。
これに2TのリングをつけてC=30pで実験したところ

Dsc08588_1

6.5MHz付近で37dBのゲインが確認出来ました。
プレート側のLにはQダンプ抵抗18Kを付けています。

この方法でもHF帯までなら問題なく使えそうです。




« 真空管ソケット | トップページ | プリント基板 »

パーツ・デバイス」カテゴリの記事

真空管」カテゴリの記事

コメント

いつも、興味津々で拝見しています。今回の真空管ソケットは、感激しました。ラッピング技術の応用で、発想の転換ですね。

VIYさん、コメントありがとうございます。
今回のアイデアは、前から温めていたもので、いつかやってみたいなと思っていました。
真空管の自作をする場合ソケット費用がバカにならないので二の足を踏んでいましたがこれでメドがつきました。
何か作品にしてみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/74043660

この記事へのトラックバック一覧です: 真空管ソケット②:

« 真空管ソケット | トップページ | プリント基板 »