« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の7件の記事

2019年1月28日 (月)

FLDX-400

現在作成中の真空管TRX用パーツ補給の為に

Dsc08852_1

FLDX400をオクでゲットしました、写真で判る通りひどい状態です。
しかし、それでも出品者の評価を見ていると大丈夫そうな気がしてポチってしまいました。
結局送料込みで4.5K程で入手出来ました。

Dsc08855_1

Dsc08856_1

Dsc08858_1

Dsc08863_1

終段には6JS6が1本ついていましたが動作するかは不明です。

Dsc08865_1

こういう状態ですのでバンバン解体していきます。

Dsc08864_1

困ったのはイモネジが錆びて固着していることです。

Dsc02446_1

仕方ないのでドリルでイモネジを削りとって

Dsc02448_1

それでも難しい物はシャフトを金鋸で切って外しました。

Dsc08867_1

最終的に

Dsc08868_1

全バラです。
一番欲しかったロータリーSWは接点をちょっと清掃したら問題なく使えそうです。

トランスは

Dsc08872_1

230Vx2 350mA ヒーター6.3V8Aと容量たっぷりです。

Dsc08873_1

Dsc08875_1

Dsc08877_1

電圧も問題なく出ています。

Dsc08879_1

電解CもDE-5000で確認したところ容量・ESRも問題なく使えそうです。
その他にも終段Πタンク回路・ソケット・コイル等ゲットです。

2019年1月23日 (水)

真空管TRX POAMP④

前回の実験では入力の整合を考えていなかったので、前段に12BY7Aを使ってやってみた
のですが、今一でした。
12BY7A自体は多くのメーカー機に採用されているので、自分の腕の問題なのかと
その後手持ち真空管をチェックしていると6CW5・15CW5が併せて6本あることに気づきました。
このうち15CW5をヒーター電圧11.3Vで試してみました。
使う場合は6.3V+5V=11.3Vになるからです。

Dsc08848_1

Dsc08846_1

Dsc08847_1

SAの入力に20dBのカップラを通して入れています。

12BH7Aの出力はLマッチで50Ωに変換しています。
これだといけそうです。
15CW5に30mAくらい流れているので、12BH7Ax4には90mA
250V X 90mA=22.5W入力で10W出力 効率約45%

今回は7MHzだけの実験でしたが28Mあたりだとどうなるか?
それでも明るい光が見えてきました。

2019年1月18日 (金)

LCR METER DE-5000 修理

いつも重宝している「DE-5000」がおかしくなりました。
まともに測定出来ないのです。

Dsc08841_1

普段はCALはしないのですが

Dsc08832_1

Dsc08834_1

してみるとShortでFailが
いろいろ調べていくとどうもテストリードケースが疑われます。

Dsc08822_1

その中でも黒いクリップの線が怪しいようで

Dsc08824_1

Dsc08825_1

Dsc08826_1

Dsc08827_1

どうやら白い線が断線しているようです。
そこで同じような形態の線を探してきて

Dsc08829_1

Dsc08835_1

Dsc08837_1

ShortCalを実施してみると

Dsc08840_1

無事PASSになりました。

一件落着です。

2019年1月13日 (日)

真空管TRX POAMP③

これでどうだと4本に

Dsc08819_1

Dsc08816_1

Dsc08817_1

PO=10WでIM3=32dB

しかし

Vp=300V Ip=130mA 入力39W 効率25%

これでは・・・・


2019年1月12日 (土)

真空管TRX POAMP②

12BH7Aを使ったGGAMPですが、これでどうだと3本使ってみました。

Dsc08806_1

Dsc08813_1

ゲインは9.5dBとなりました。

HP8657+自作AMPから入力を入れて

Dsc08808_1

Dsc08809_1

ほぼ10W出ましたがここらが限界のようです。
この時の電圧・電流は

Dsc08810_1

300V 130mA 入力39W 効率25% う~ん。

IMは

Dsc08815_1

もう1本足そうか

2019年1月11日 (金)

真空管TRX POAMP①

真空管TRXの電源部分ですが、ヒーター回路から+5Vを取り出しているのですが
電源ON時のヒーターへの突入電流で電圧が下がりAVRに誤作動がでることが判明しました。
そこで+5V、-15V、+15VをSWRegで賄うことにして作り変えるのですが、POAMPの
電圧もまだだったのでここも作ることにしてPOAMPに何を使うかによって電圧を決定しな
ければいけません。
そこでPOAMPの実験を始めようとして何を使うか
候補としては

Dsc08672_1

40KG6Aがあるのですが、ヒーターが問題になります。
2本使って17Z3あたりをかますと100Vで点灯出来そうですが、2本だとオーバーPOに
なります、かといってヒーターだけ使って遊ばしておくのももったいないしで

手持ちの管を検討した結果

Dsc08675_1
12BH7Aが沢山ありここれを使ってGGAMPの実験をしてみることにします。

12bh7_gg1

とりあえずシングルで

Dsc08796_1

周波数特性は結構高いところまでフラットですがゲインが-3.5dB

パラにすると

Dsc08797_1

Dsc08798_1
0dB

出力にLマッチを付けてみると

Dsc08799_1
5.6dB

この状態で出力を上げてみると

Dsc08800_1
+33dBm(約2W)程度まではリニア動作します。
(SAには20dBのカップラを通して入れています)

12BH7を3~4本使えば10W出そうな気になってきました。

2019年1月 6日 (日)

日食

今日の午前中日食がありました。
当地では、曇りで見れないだろうと諦めていたところ10時頃晴れ間が

Dsc08793_1

Dsc08794_1

見ることが出来ました

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »