« LCR METER DE-5000 修理 | トップページ | FLDX-400 »

2019年1月23日 (水)

真空管TRX POAMP④

前回の実験では入力の整合を考えていなかったので、前段に12BY7Aを使ってやってみた
のですが、今一でした。
12BY7A自体は多くのメーカー機に採用されているので、自分の腕の問題なのかと
その後手持ち真空管をチェックしていると6CW5・15CW5が併せて6本あることに気づきました。
このうち15CW5をヒーター電圧11.3Vで試してみました。
使う場合は6.3V+5V=11.3Vになるからです。

Dsc08848_1

Dsc08846_1

Dsc08847_1

SAの入力に20dBのカップラを通して入れています。

12BH7Aの出力はLマッチで50Ωに変換しています。
これだといけそうです。
15CW5に30mAくらい流れているので、12BH7Ax4には90mA
250V X 90mA=22.5W入力で10W出力 効率約45%

今回は7MHzだけの実験でしたが28Mあたりだとどうなるか?
それでも明るい光が見えてきました。

« LCR METER DE-5000 修理 | トップページ | FLDX-400 »

自作」カテゴリの記事

真空管」カテゴリの記事

真空管TRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真空管TRX POAMP④:

« LCR METER DE-5000 修理 | トップページ | FLDX-400 »