カテゴリー「自作」の16件の記事

2018年5月26日 (土)

パワーメーター④

性能確認です。

Dsc02291_1

HP8657Bから自作AMPを通して、IWATSUのB-50D3に入れて2つに分けて
一つを20dBのATTを通して

Dsc02282_1

ML4803Aに入れます。
もう片方を作ったパワーメーターに入れて

Dsc02294_1

Dsc02295_1

まず10MHzで確認、その後20MHzにしてレベルを0dBmにして

Dsc02296_1

Dsc02297_1

その後10MHzステップで周波数を上げて誤差をグラフ化

Gosa

150MHz以上は50MHzステップで

Gosa_1_2

350MHz以上での急激な落ち込みの原因は不明です。
300MHzまでは使えそうです。

Dsc08321_1

最後に+45dBmまで確認して終了です。


2018年5月24日 (木)

パワーメーター③

入力された電力はどこかで消費させることになります。
今回は

Dsc02342_1

ヤフオクで入手したこれを使ってみました。

Dsc02343_1

適当な放熱器に付けてみました。
20Wくらいまでしか使わないので問題ないと思います。

Dsc08304_1

AVRには「ATmega88」を使いました。

7segLEDは最初はダイナミック点灯をさいようして、AVRをもう1個使って
Shiftin・Shiftout命令を使ってデータを送って点灯のみに使うようにしていました。

しかし、レベルが0dBm以下になるとAD変換の読み値がバタつく症状が出て
いろいろ原因を探ったところ7segにデータを送るのを止めると症状が出ないことに気づきました。

結局、ハード面が悪いのかソフフト面が悪いのか切り分けが出来ず7segをスタティック点灯
にすることにしたのですが

手持ちには4511はあれど7segはアノードコモンしか無い
74HC373があったのでダメもとでやってみたけどやはりダメで
結局秋月から

Dsc02274_1

カソードコモンの7segLEDを購入しました。

4511を使って

Dsc02275_1

Dsc02276_1

Dsc02277_1

エンヤコラと1日がかりで配線して無事解決しました。

2018年5月23日 (水)

パワーメーター②

最初はAD8307のデータシートに載っている
Ad8307_1_2
この回路をそっくりマネてみました。
しかし、データシートに書いてある
Ad8307_2_2
記述のように低い周波数で計測誤差が大きくなります。
30MHzから下ではダメです。
そこで基本接続
Ad8307_3_2
Dsc02278_1_2
を利用してシールドケースに入れます。
その前に
Dsc02280_1_2
20dBのカップラと20dBのATTを入れて-40dB下げます。
これで-30dBm~+45dBmまでが計測範囲になります。

2018年5月22日 (火)

パワーメーター

パワーメーターはML4803Aを所有しているのですが、センサーがMA4701Aしか持って
いないので-30dBm~+20dBmまでしか測れません。
パワーアンプ(10W以上)を測るにはカップラを使うかATTを入れるかしないといけません。
それでもいいのですが、何かの間違いでセンサーを焼いてしまう恐れは残ります。
センサーは高価なので避けたいところです。
そこでAD8307を使ったパワーメーターを作ることにします。
AD8307を使ったパワーメーター以前作ったものがあるのですが、最大+10dBmまでです。
今回作ったものです。
Dsc08305_1_2
レベル範囲は -30dBm~+45dBmまでです。
これまた以前作ったAMPで最高出力を出して
Dsc08306_1_2
+34dBmを計測したところです。
メーターはdBm単位にしています、W単位だと目盛りが作りづらいのでこうしました。
このメーターは調整時にピークが判ればいいのです。
7segLEDはW表示です。
その下のLCDには、dBm、W、dBu、Vの4種類を表示するようにしました。

2016年3月17日 (木)

FX-8801 コテ先交換

以前交換したFX-8801のコテ先ですが
Dsc06804_1

Dsc06805_1
かなりひどい事になってきたので交換しました。
今回はほぼ3年半使ったことになります。

前回は9ヶ月でボロボロになったのが今回は3年半ももったことになります。
これは使用している半田によるところが大きいようです。
前は、詳細不明の半田を使っていたのですが粗悪品だったようです。

今使っているのは
Dsc06808_1_2
千住金属のスパークルハンダです。
ハンダはキチンとした物を使うべきのようです。

Dsc06806_1
交換部品は元より準備してあります。

Dsc06807_1
このコテ先と保護パイプはまず間違いなく溶着していますので同時交換になります。

Dsc06801_1
交換完了です。

Dsc06809_1
今使っているハンダはもう2巻きあるので当分は問題ありません。
でも、本当はハンダにも消費期限があるのでしょうがま~使えるでしょう。

2015年11月 2日 (月)

HPにUPしました。

2015ハムフェア自作品コンテスト 受賞作品の概要をHPにUPしました。

http://www.geocities.jp/ja4lao/

2015年6月 9日 (火)

自作部屋大改造

ポータブルTRXが出来上がりHP3589Aの修理も終えて一段落ついたので、以前から思っていた自作部屋の改造に着手しました。

現在の問題点は、作業机の奥行きが狭く大型の測定器を真正面に持ってこれないことです。
このため台上に斜めに配置するようになり又左右に分かれることから操作性が悪く効率が悪化していました。

以前の状況(測定器はかなり入れ替わっていますが)
Dsc08527_2

そこで、作業机の奥行きを30Cm強広げることにしました。そうするとこのままの配置では不具合が出てくるので配置を変えて
Dsc04500_1
こういう配置にしました。

右側の作業机は
Dsc04498_1
机下にあったSSGも机上に戻してほぼすべての測定器が正面に配置出来ました。

左側は
Dsc04501_1
これまで床に置いていた自作無線機達や残りの測定器が収納出来ました。

さあ~、これで次は何を作りましょうか。

2014年8月19日 (火)

TSS申請②

TSSに申請していたTRXの審査結果が郵送されてきました。

Dsc02985

Dsc02987

なんとか、すんなり審査を通過したようです。
とりあえず、一安心です。

申請した内容は

HF-VHFTRX

Hfvhftrx_txblock

UHF-TRX

Uhftrx_txblock

2014年7月28日 (月)

TSS申請

梅雨明けした後猛暑が続いていました。
Dsc02874_1
これは、土曜日の夕方の自作部屋の状況です。
それが、日曜日の朝に寒冷前線が通過してきたの高気圧の勢力圏になった今日は
Dsc02880_1_2
気温で約3度湿度で7%下がっただけですが体感はかなり涼しく感じます。
それでもこの涼しい空気も序々に温まってすぐに暑い日々が復活しそうです。

手直しが終わったHF-VHFTRXとUHFTRXの2台をTSSに保障認定してもらおうとWEB申請しようと思ったのですが、総務省 電波利用 電子申請・届出システムLiteのパスワードを失念していて再発行してもらいました。
Dsc02877_1

そうして届出に必要な書類をZipファイルにして保存して
今度は、TSSのHPから申請しようとして添付ファイルとしてZipファイルを添付するところでつまずきました。
参照ファイルからZipファイルを指定するとパスがついたファイル名になり¥が付いて受け付けてくれません。
そこでしかたがないので郵送しました。

自作機の場合、オフバンド対策を結構聞かれるとのことなので送信機系統図の中に説明文を入れておきました。
2ヶ月くらいはかかりそうなので、気長に待つことにします。

2013年2月 7日 (木)

供養

針供養(デバイス供養)には1日早いのですが、今日デバイス供養をしました。

思い起こせば、昨年はしていないので2年分の供養になります。

Dsc_0039

ありがとうございました。

合掌

より以前の記事一覧